シロアリ駆除と外壁塗装

bug_shiroari.png
[シロアリ点検] ブログ村キーワード

シロアリ駆除と外壁塗装、一見なんにも関係ないように見えて関係があるんです。

実は外壁塗装を定期的にしていないことでシロアリを呼び寄せてしまうことがあります。

具体的には外壁塗装のメンテを怠ると外壁にひび割れなどが発生しやすくなりますが、そのひび割れから雨水が侵入して外壁の内側を濡らしてしまいます。

そしてその濡れた木材などがシロアリにとっては大好物になるので、シロアリを自然と呼びつけてしまうんですね。


外壁塗装を怠ったばかりに雨漏り、そして二次被害のシロアリまで発生をさせてしまうこともあるんです。

そのため外壁塗装はとても重要なシロアリ予防のひとつなんですね。


さらにくわしい外壁塗装の劣化については以下のサイトも参考にしてみてください。

外壁塗装の必要性


シロアリ駆除とチラシ

bug_shiroari.png

シロアリ駆除のチラシは毎年4~5月になると大量にばらまかれます。

これはシロアリが羽アリとなって飛び立つ時期がゴールデンウィーク後のためですが、そのチラシの中にも怪しい業者が残念ながらいるのも事実です。

怪しい業者を見分ける方法として以下のようなポイントに目を向けてみてください。


①値段が書いてあるか

悪徳業者は値段を明記すると相見積もりで負けるから載せないでいますが、無料調査をした後に他社よりも高い値段を提示してくることがあります。

お客さんを安心させるために最低限必要な値段は書いてあるべきですが「まずはご連絡ください」と書いてあるチラシはちょっと怪しいです。


②法外に安い値段が書かれていないか

値段を下げて置けばお客さんが飛びつくと考えている典型的な方法です。

他社に比べて異常に安い値段が書いてあるチラシの業者には依頼をしない方がいいです。


後から色んな理由をつけて値段を釣り上げてくるのは間違いありません。


おすすめはやはり相見積もりです。

最低3社程度から見積もりをとって値段を比較してみてください。

シロアリ駆除で庭木は?


庭木のシロアリ駆除はどうすればいいのでしょうか。


まず庭木でシロアリがいたからといってすぐに家にも被害が及ぶわけではありません。

そのための5~10年に一回のシロアリ予防なので万が一庭木のシロアリが床下に行こうとしても薬剤で死滅します。


それにシロアリは普通にどこの土の中にもいる生き物です。

そのため庭木でシロアリを発見してもそれは特別不思議なことではありません。


ですがどうしても気になる場合は、庭木を引き抜いて捨てて、抜いた穴にはシロアリ用の駆除剤をまくこともできます。

駆除剤を巻くのが不安なかたは熱湯を多めにそのあたりにまくことでシロアリを死滅させることもできます。



さらに予防として、庭にウッドデッキや廃材などは極力おかない方が良いです。

先ほどのようにあシロアリはどこにでもいるので、木材が置いてあればかならずいつかはシロアリの食害にあいます。

gardening.png

シロアリ駆除でマンションは?


シロアリ駆除はマンションは不要なのでしょうか。

正解はいいえ、マンションも必要になる場合があります。


マンションやALCはほとんど木材をつかっていないのになぜ?と思われるかもしれませんが、実は木材を随所で使っています。

シロアリは目がないので目の前のものを本能的にかじろうとする性質があるのですが、コンクリートや金属はかじりつきはしますがさすがに貫通まではできないので、その金属などに沿って進んでいきます。


それらがやがて木材部分に到達するとあっという間に加害されてしまいます。



マンションの場合難しいのが床下のスペースがないことです。

普通戸建てであれば台所の床下収納が外せてそこから床下に潜り込めたり、古い家でも畳から床下に潜り込めるようになっていたりしますが、マンションにはその床下の概念がないケースが多いです。

そのためベイト工法でしかシロアリを駆除することができず、時間を要してしまいます。

ベイト工法については以下過去記事をご覧ください。
シロアリ駆除方法

シロアリ駆除 必要


シロアリ駆除は本当に必要なのでしょうか。

料金は20~30万円と高額になりますし、シロアリなんて見たこともないのにわざわざ駆除を依頼するのもバカバカしいと思います。

実際に私の経験では、新築から10年経過したお宅で予防の意味を込めたシロアリ駆除をするご家庭は50%だと思います。

私たち業者からしても駆除や予防をしておくべきかと聞かれればなにも情報が無いままでの判断は難しいので、一度床下などに潜らさせてもらって調査をします。


それでシロアリが見つからないでも気をつけるべき点は蜘蛛の巣があるかどうかです。


蜘蛛の巣がたくさんあれば、それだけ餌となる虫がいることになり、前回のシロアリ対策の薬の効果が弱くなっている可能性があります。

その場合は予防の意味を込めてシロアリ駆除をおすすめすることがあります。



シロアリは放っておくとあっという間に繁殖して、木造であれば一階の木材が日ごとにやられていきます。

最近の家だと一見シロアリがいないように見えても、万が一住み着いているとあっという間に風呂場や玄関近くの木造がやられてしまいます。


そのため、新築から10年を迎えた方は、まずは調査を依頼してみてシロアリがいるかや蜘蛛の巣が多いかなどを確かめてみると良いと思います。