シロアリ駆除で家の周りは?

building_house1.png

家の周りでシロアリ駆除をするにはどういう方法があるのでしょうか。

家の周りだと床下と違って雨が降れば薬剤が流れてしまうので、散布しても意味がありません。


方法としてはベイト工法といって、シロアリを見つけたあたりに毒の餌を設置します。

それをシロアリが巣に持ち帰って巣ごと殺す方法ですが、きちんとシロアリの通り道に設置しないと意味がないので、経験が必要です。

ただしこのベイト工法はシロアリが死滅するまでに2~3か月ぐらいかかるので、即効性が無いのがデメリットになります。

ただ薬剤をまくことをしないので、環境には優しい駆除方法ですね。

小さなお子さんやペットがいるお宅などではこのベイト工法を選ぶところも多いです。




シロアリ駆除を安く済ませたいですか?

今すぐシロアリ駆除が必要であれば、東証上場企業が運営しているシロアリ110番がおすすめです。

1平米あたり1,200円という低価格は他社と比較してとても安いですし、保証もしっかりしています。



シロアリ駆除の時間

pexels-photo-359989.jpeg
シロアリ駆除にかかる時間はどの程度なのでしょうか。

シロアリ駆除はまずは床下に潜って木材の部分に霧吹き気で薬剤をたっぷりと塗布します。

そしてその後床下の地面に対しても薬剤をたっぷりと散布し、最終的に家の基礎回りにも薬剤を撒いていきます。

この全体のプロセスで30坪の家だと大体5、6時間と言ったところになります。

業者によって速度はまちまちですが、半日程度の作業になると思っておいてください。


最近の薬剤は恐らく大丈夫なのですが、塗布している薬剤が食べ物や食器にかからないように、この半日の間は最低でもしまっておくようにしてください。

また換気扇も回しっぱなしにして換気をするようにしてくださいね。

できれば当日だけでなく、駆除剤散布後数日間は換気をすることをおすすめします。

シロアリ駆除と灯油


シロアリ駆除は灯油でできるのでしょうか。

正解を言いますとヤマトシロアリで初期の状態であれば可能ですが、おすすめはしません。

というのも灯油を使うことで家の中が非常に臭くなり、ご近所にも迷惑になる可能性が高いからです。



灯油はとても揮発性が高いので、散布した後長期化にわたって臭いを発します。

特に梅雨の時期に撒くと悲惨で、灯油の独特な臭みがより濃くなって鼻腔を突きます。


また散布自体も専門知識が必要で、そもそも床下に入るとそこは非日常の世界で多くの湿気でカビが生え、またムカデなどの外注もいます。

しっかりと防塵や防毒のマスクをして作業をしないといけませんし、散布の仕方も甘いとシロアリが生き残って加害を継続します。


灯油でのシロアリ駆除は本当におすすめできないので、どうか業者に依頼をしてプロにやってもらってください。

シロアリ駆除 自分で


シロアリ駆を自分でするにはどうすればいいのでしょうか。

ホームセンターで薬剤を買ってきてご自身で床下に潜り駆除をする方もいますが、あまりおススメしません。

というのもきちんとした防護服やマスク無しでは薬剤の中毒になる可能性もありますし、またムカデなど床下に潜んでいる無視に噛まれることもあります。

またそもそもよほど慣れていないと、シロアリを完全に駆除することはできないですし、塗布が甘く予防にならないこともあります


ご自身でできることとしては、家の周りの整理が一番効果的です。

床下の換気扇の前にモノが置いてあればどかす、特にエアコンの室外機が置いてある場合は移動をさせてください。


他にも木材などがあれば徹底的に処分します。

処分できない時は木材の下にビニールシートなどを敷いてシロアリが土中から木材に触れられないようにしてください



それから外壁にヒビがあるとそこから雨水が侵入して壁内部を湿らせてしまいます。

湿った木材はシロアリの大好物なので、シロアリが住み着きやすくなります。

外壁の劣化が今どの段階なのかについて「外壁塗装の必要性」を見ると詳しく分かるので参考にしてみてください。

[シロアリ駆除] ブログ村キーワード

シロアリ駆除方法

businessman_question.png
シロアリの駆除方法には大きく2つのやり方があります。

一つは薬剤散布法(バリア工法)です。

この薬剤散布法はさらに2つに分かれて「土壌処理」と「木部処理」になります。

土壌処理とは、家の床下に潜って土壌やコンクリートに対して薬剤を散布します。

これはシロアリが侵入してくるほとんどのケースが地中を潜ってくることから、土壌から外に出られないようにするための工法です。


もう一つの木部処理は、地中を通って床下か出てきたシロアリが家の浸食をできないように、風呂場や玄関の下の木材に対して薬剤を散布する方法です。

こうすることで、シロアリが侵食をしやすい部分の木部に触れないようにしておきます。


どちらの方法もすでにシロアリがいる場合はそこに直接塗布することで、シロアリを死滅させることができます。





もう一つのシロアリ駆除方法はベイト工法で、餌をシロアリがいそうなところに仕掛けておいて、その餌を食べたシロアリが脱皮ができなくなり死に絶えます。

ただし、このエサは即死はせず少し遅らせるので、巣に帰って他のシロアリにも感染させて女王アリなど巣丸ごと死滅させることができます。

ただし、この工法は即効性がなく3か月程度時間がかかるので、すでにシロアリの被害に逢っている場合は薬剤散布法の方が現実的です。


以上、シロアリ駆除方法についてでした。