シロアリ駆除でゴキブリへの効果は?


シロアリ駆除のゴキブリへの効果はあるのでしょうか。

結論から言いますと、床下のゴキブリにのみ駆除ができますが、それ以外の外から飛んできたゴキブリや建物内にいるゴキブリは駆除できません


この理由ですが、シロアリの薬剤が改善され続けていたからになります。

今から10年以上前のシロアリ駆除に用いた薬剤であれば建物内のゴキブリも駆除することができました。

この理由は散布した薬剤が床下だけではなく建物の中にまって入ってくることがよくあったからです。



ですが最近の薬は人間やペットへの影響を最小限に抑えることができており、散布後に建物の中に入っていくことも極力無くなってきています。

そのため、建物内のゴキブリには効果がなくなったんですね。



また、ゴキブリは外部から飛んでくることも多々あります。

このようなゴキブリにはどうしても床下でまいた薬剤が効くことはありません。


このような背景からシロアリ駆除と同時にゴキブリまで駆除されることが無くなってきました。

以上、シロアリ駆除でゴキブリも駆除される?についてでした。




シロアリ駆除 薬剤


シロアリ駆除の薬剤はホームセンターに行くとたくさん置かれていて、どれを選べばいいのか分かりづらいです。

ですが、シロアリ駆除の薬剤を選ぶ際に重要な3つのポイントがあるんです。

①忌避性がない

まずはこの忌避性がないものを選びたいですね。

シロアリがむしろ好むような性質の薬剤を選ぶことでシロアリにその薬剤を巣まで運ばせることができます。

②遅効性

薬剤をかけてすぐに死ぬようではシロアリ駆除の面から全く意味がありません。

シロアリは巣にたくさんの個体が生息しているので、効果は後からじわじわと効いてくるような遅効性のものを選び、巣まではシロアリの体内に残るようなものを選びましょう。

③伝播性

伝播性がある薬剤とは、効果が巣にいる他のシロアリにも発揮されるタイプのものです。

この伝播性があることで、薬剤を食べたシロアリが巣に帰ってその後に全滅へと追い込むことが可能です。



以上の3つのポイントに気をつけて選ぶと良いと思います。

即効性のある薬剤をまくとシロアリがリスクを避けるために移動をして、別の部分でコロニーを形成してしまうのでご注意ください。

以上、シロアリ駆除の薬剤についてでした。



シロアリ駆除 ダスキン

今回はダスキンのシロアリ駆除情報についてまとめてみます。

ハウスクリーニングで非常に高評価を受けているダスキンですが、シロアリ駆除の特徴はどのようなものなのでしょうか。

●ダスキンのシロアリ駆除

料金:約7900円(坪)
エリア:全国対応可
保証:5年

▼工法が選択制

ベイト工法とバリア工法のどちらかを選択することができます。

もしもすでにシロアリが住み着いている場合はベイト工法だとしかけた毒餌を巣まで運んで全個体が死滅するまで数カ月かかるので、即効性のあるバリア工法を選ぶことをおススメします。

またペットを飼っていたり、小さなお子さんがいるお宅で薬剤を撒くことが不安視されるご家庭はベイト工法をおすすめします。

▼日本しろあり対策協会への加入状況

色々と調査をしてみると、ダスキンから派遣されてくるシロアリ駆除業者の中には日本しろあり対策協会に加入していないところも含まれているそうです。

そのため、独自の基準をもってシロアリ業者を区別しているようなのですが、ダスキンほどの大手となるとそういう品質管理も行き届いていて、しっかりとした業者が選ばれる印象。

通常は日本しろあり対策協会に加入していない業者は選ぶべきではないですが、ダスキンは例外だと思います。

以上、シロアリ駆除でダスキンについてでした。

シロアリ駆除業者


今回はシロアリ駆除で悪徳業者に騙されない選び方のポイントを書いてみます。


ポイント1:契約を迫る

脅しをかけてきたり、居座ったりして契約を迫る営業は歩合制の営業です。

大した知識もないのにやたらとこちらを脅してくる営業の先の会社やその下請けはいい仕事はしません。


ポイント2:シロアリ以外の商品をすすめてくる


悪徳業者の典型的なパターンですが、床下の換気扇などを進めてくる場合がありますが一切買わないでください。

大抵は無意味なゴミ製品ばかりですし、以上に高い値段を提示してきます。


ポイント3:シロアリや作業内容についての説明がない


しっかりとした業者はマナーに始まり、マナーに終わります。

優良業者であればシロアリの生態や作業内容についてはまず初めにきちんと説明をするはずですが、説明がない場合は契約は避けたほうが無難です。

「どうせ素人で分かってないし」という考えの業者は知らないところで手を抜きます。


ポイント4:薬剤に詳しくない


薬剤についてどのようなリスクがあるのか、巻いた後はどうすればいいのかなどの説明がなく、そもそも知識がない業者は論外ですね。


ポイント5:日本しろあり対策協会の会員でない


この団体に加入していて、かつしろあり防除施工士というこの団体が認めている資格を有している者がいるかを確認してみてください。



これらに当てはまる業者に駆除を依頼するとのちのちトラブルなどの素になります。

他にも優良業者はたくさんいますので、こういう業者との契約は避けることをおススメします。



シロアリ駆除 期間


シロアリ駆除の保証期間についてこの記事では書いていきます。

シロアリ駆除の保証期間は通常5年間が普通ですが、場合によっては1~3年などの短いケースや、保証ができないこともあります。

保証ができないケースとしては以下のような場合があります。

▼外来種

外来種でアメリカカンザイシロアリというシロアリが勢力を伸ばしていますが、このような外来種に限っては保証の対象外になるケースがほとんどです。

▼建物

建物の床下が狭く人がもぐりこめない場合など、十分に駆除や予防が十分にできない場合は保証の対象外になってしまいます。

▼被害状況

すでに建物の被害が大きく進んでおり、すべての対処が行えない場合も保証ができません。


後々のトラブルを防ぐためにも、契約書をしっかりと確認をしておくことをおススメします。